ヘルパンギーナになりました。

子供の病気
By: Tatsuo Yamashita

2歳になる息子に熱がある、ということで保育園から呼び出しがかかりました。

ここのところ、毎週のように呼び出しがかかります。
夏は比較的病気にかかりにくいだろうと勝手に思っていましたが、暑かったり、エアコンをつけて寒かったり、気温の変化が激しいからかもしれません。

ヘルパンギーナの前兆

38度半~39度くらいの熱が出ますが、本人は比較的ひょうひょうとしています。
鼻水はそれほど多くはありませんでした。

朝は熱は手足が多少温かいかな?という感じでしたが、お昼を過ぎて急に熱が上がったようです。

小児科にかかったら、先生は、のどを確認して
ヘルパンギーナという夏風邪の一種で、3日くらい高熱が続きますよ。のどに口内炎が出来ているので、食欲が落ちると思います。脱水症状に気を付けてください。

とのことでした。

そういえば、保育園に「流行っている病気」として書かれていたことを思い出しました。

感染するものかどうか尋ねましたら、まれに大人にもうつるとのこと。

特効薬はなく、解熱薬の座薬をもらって帰ってきました。

ヘルパンギーナの対処法

のどに水泡が出来ていても、本人はまだしゃべれませんので、ゼリーやうどん、お茶漬けなど、出来る限りのど越しのよいものを食べさせました。

熱さまシートを付けて2日間くらいで熱は下がりましたが、食欲が回復するまではもう少しかかりました。
本人はぐったりするほどではなかったですが、なんとなくぐずったり、元気がなかったり本調子ではない、というのが伝わるくらいでした。

そういえば、小児科の先生から聞いたのですが、夏風邪って3日くらい高熱が続くけれども、本人は割と元気なことが多いのですって。
そして、割と突然の発熱ですね。

人生で初めて知りました。

 

それにしても、6月~8月って夏風邪など子供がかかる病気が多いです。

夏は子供にとって過ごしやすいと思っていましたが、意外とそうではないんですね。

熱や風邪との戦いは、まだまだ続きます・・。

 

タイトルとURLをコピーしました