RSウィルスで入院

子供の病気
By: Tatsuo Yamashita

保育園から帰ってきた金曜の夜、子供が熱を出しました。
体温は39度。やっと手足口病が治ったばかりだというのに、また風邪かぁ~・・・という感じで土日はやり過ごしました。

38度5分以上の熱になったときは座薬を入れて、少し熱が下がったと思いきや、また39度オーバー。
下がったとしても38度台。

月曜日は保育園はお休みしましたが、余りにも熱が下がらないことと本人がぐったりしているので、火曜日に小児科へ向かいました。
結果はRSウィルス

えぇえ、夏にRSウィルスになんてなるのぉ?という感じでした。
実際、保育園での流行っている病気情報でも「現在はありません」状態で、全くノーマークでした。
また、息子ちゃんは低体重で生まれていることもあって、冬場は1か月に1度、大学病院でRSウィルスの予防接種を受けていました(シナジス)。

この予防接種の効果は1か月しか持続しないのにも関わらず、どこかで「予防接種受けたし♪」なんて思っていた部分もありました。

とにかく、高熱、咳、鼻水。
うちの子はゼイゼイと激しい咳で飲んだ水分を咳と一緒に吐き戻してしまうほど。

RSウィルスは要は風邪で、幼児がなると重病化しやすいものだそうです。
大人になって何度もかかるうちに抗体ができて、“ただの風邪”になるそうですが、幼児が初回にかかるときは結構つらい症状なのだそうです。

特効薬はなく、状態に応じて対応療法しかない、とのことで、そのときは点滴をして帰りました。
息子ちゃんにとっては初めての点滴。小さい腕に嵌められた固い板とチューブが可哀そうでなりませんでした。
そして、明日も来てください、とのことだったので予約をして帰宅。

家に帰っても、息子は元気を取り戻さず、熱も下がらず、食欲もなく、ただただぐったりしているだけ。
本当に死んじゃうんじゃないかと思うほど、ぐったり寝ているだけで、見ているこちらもつらいものがありました。

次の日、再度点滴。
点滴を受けている最中もぐったりと寄りかかる息子。
その様子を見に来た先生が「・・もう一本しますか。。」ということで2本目の点滴。
点滴は1本1時間ほどかかるので、2時間近くじっと座って点滴を受けました。

その間、特に動くわけでもなく、寝ているような息子。
このまま、本当に動かなくなってしまうのではないか。。と思うと怖くなりました。

2本目の点滴が終わるころ、先生がまた様子を見に来てくれて、

「・・・う~ん、、、入院しますか。」とポツリ。

えぇええ!!入院・・・。

そうか、お友達のお子さんもRSウィルスで入院したといってた。
まさかうちの息子が・・と思ったけれど、正直、これ以上、高熱の息子を家で絶え間なく看護するのは無理がありました。

点滴を終えたら、入院先の病院を紹介してくれて、ぐったりとしている息子を連れて、車を走らせます。
新しい病院でもう一度内診をして、入院の手続き。

母にも来てもらって、入院の準備ですが、まさか入院するとは思っておらず、何も持ってきていない状態。
勿論、付き添いの母も一緒に入院ですから、タオルや私の着替え、洗面用具などはありません。

急いで近場で買いに走り、できるだけ息子のそばにいます。

子供の入院部屋はベットの周りに柵がしてあり、まるで動物園のようでした。
その中に私と息子。
寝るときも一緒です。

結局RSウィルス性の気管支炎ということ。
レントゲンを受けても肺炎にはなっておらず、他の合併症もなし。

それでも高熱は数日続いたし、食欲もほとんどありませんでした。
点滴をしながら、一日3回の吸引(お薬を蒸気にして口と鼻に充てる。)をして、毎日を過ごす、という感じで。

6日間の入院でしたが、本人の笑顔を見れたのは最後の1日くらいで、それまではずっと寝ているか、苦しそうに咳をする日々。
一緒についている母も結構つらかった(汗

検査や点滴など本人にとっては嫌なことばかりですっかり人相が悪くなる息子。
でも、こんな小さい体で頑張っているんだと思うと弱音なんて吐いてられません。

点滴や飲み薬、座薬などを続けて、入院して4日くらいで少し楽になった様子。
結局は家で熱が出てから約10日ほどRSには苦しめられました。
数日前、新聞を眺めていたら「RSウィルスが急増」という記事が出ていて、今年は早いのだと、息子は最先端だったのだと感じた次第です。

その後、私も母も見事にうつり、風邪症状が続きました^^;

タイトルとURLをコピーしました