妊婦とタバコ問題

コラム
By: Ron Cruz

どこかのプレママコミュニティーで「タバコがやめられません。どうすれば・・」というような質問を読んだことがあります。

トメコも実はヘビースモーカーでした。
妊活を特にしなかったので、おそらく妊娠が発覚するまではスパスパ吸っていました。
(ただ、妊娠の発覚はものすごく早かったので、妊娠したてまでだったと思います)

これは過去記事にも書きましたが、再度禁煙として記事にしたいと思います。

タバコを吸わない人には信じられないかもしれませんが、子供に悪いことだと分かっていても、やめられないんです。吸いたくなるんです。

自業自得なんですけど、何年も培った習慣というものは、なかなか体の中から消え去ってくれません。

ただ・・トメコは一瞬でやめました。

妊娠していることが分かった日。私は妊娠検査薬を試したわけでもなく、婦人科で偶然発覚したのですが、ものすごく動揺しました。

婦人科の帰りにドラックストアに寄って、妊娠検査薬を購入して帰ってきたくらいです。
帰宅してまずは妊娠検査薬を試して、線を見て。

そこで、彼に電話する前に一服。

「これが・・最後のタバコだな」と思って火をつけました。
確か、一口くらい吸ったけれど、ダメでした。それ以上吸えませんでした。

 

赤ちゃんが煙たそうにしてるかもしれない。

その思いだけ。

手に持ったタバコを捨て、残りのタバコも箱のまんまポイ。
終わり。はい、終わり。

これで終わりでした。

ただ、妊娠中、吸いたくなくなったか、といえば吸いたくなりました。

特に私はつわりがほとんどなかったので、吸いたい瞬間はありました
やはり口に何か咥えたいんですよね。口さみしいというか。

そういうときは禁煙パイポ。
これで割となんとかなりました。

そのうちに、それほど苦ではなくなりましたし、吸いたくなったときはお腹をさすったら大丈夫でした。

ただ、やっぱり止められない人もいるんです。
正直、止めらない気持ちもわかります。

そういう方は一度、テレビドラマの「コウノドリ」の第三話を見てください。
こちらのページにも妊婦の喫煙、コウノドリ(漫画)について書かれています。

赤ちゃんに有害なのは、わかっているのよね。
でも、止められないのよね。
これから子供を産むこと、生活・・いろいろ不安なことばかりで、ついついイライラしたりして、タバコに逃げてしまうのよね。

分かります。

私はすぐにやめましたし、子供も無事に産めました。
でも・・産んでからも、子供が咳き込んでいたり、ちょっと肺炎気味だったりすると、自分がタバコを吸っていたせいだな、って思っちゃうんです。

今後一生、そう思いながら生きていくのでしょう。
十字架を背負って生きていかなければならない。

悲しいですし、なんで女だけ?って思うかもしれませんが、仕方ないんです。
少しでも、リスクは減らした方がいい。自分の首を自分で締めることになります。

コラム 妊娠
ランキングに参加しています。応援クリックお願いします!
  • にほんブログ村 子育てブログ 高齢ママ育児へ
  • にほんブログ村 家族ブログへ
  • にほんブログ村 家族ブログ 年の差夫婦へ
アラフォーママをフォローする
崖っぷちアラフォーママの妊娠・出産・子育てブログ
タイトルとURLをコピーしました